本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
攻撃系スキル
<>の中で=の左が実際に発動するスキル、右がスキルポイントの名前です。
これが非常に紛らわしいスキルもあるため、いざ発動させてみたら違うスキルだった…なんてことがないように
気を付けましょう。

<攻撃力アップ=攻撃、各属性攻撃力アップ=~属性攻撃、属性攻撃力アップ=属性攻撃>
その名の通り、武器の基本攻撃力と、各属性の攻撃力を上げるスキルです。
攻撃力アップと個別属性アップのスキルはそれぞれ+15、+20まで上げることができます。
属性攻撃力アップは全ての属性に効果がある代わり、+10までのスキルとなっており、
このスキルポイントが設定されている防具もなかなか珍しいスキルです。
攻撃力アップについては料理のアップ効果と重複して効果が出ていると思われます。

<状態異常攻撃アップ=特殊攻撃>
スキルポイントが特殊攻撃となっているため、ちょっとわかりづらいですが
毒や麻痺などの状態異常を強化するスキルです。
恐らく毒や麻痺などの蓄積値の上昇量が上がっているのだと思われますが、
ダメージや効果時間まで長くなっているかは不明です。
スキルポイント名が「毒」「麻痺」となっているのは、耐性スキルですので間違えないように。

<業物=切れ味>
武器の切れ味の消費量を半分にしてくれるスキルです。
手数が多く、必然的に切れ味の消費量が激しくなる武器に向いているスキルです。
単純に砥石を使う回数が減る他、切れ味が良い状態を長く維持できるため攻撃力の増加が望めます。
スキルポイントが後述する切れ味+1と間違えやすいスキルのため注意。

<切れ味+1=匠>
武器の切れ味を伸ばしてくれるスキルです。
武器によって伸びる切れ味に差があり、ただ緑や青ゲージが伸びるだけのこともあれば、
一段階上の白ゲージになる武器もあります。

単純に切れ味が長くなる=長く攻撃できるということの他に、
切れ味補正による攻撃力の上昇が大きいです。
また、戦闘中に硬い部位を攻撃してしまった時でも、白なら弾かれないということもあるでしょう。

今作では素の状態で切れ味が白になっている武器が少ないため、
上位クエストではこのスキルを愛用している剣士が多いです。

<心眼=剣術>
弾かれモーションを無くしてくれるスキル。
弾かれて隙をさらすことがないというだけで、ダメージは通っていませんので注意。
大剣やランスなど動きが遅い武器の弾かれモーションは、致命的な隙と成り得るので
発動していると有難いスキルではあるのですが、いかんせん剣術が設定されている防具が少なく、
発動させるのにちょっと手間がかかるのが難点です。

<抜刀会心(技)=抜刀会心>
抜刀攻撃の会心率が100%追加されるスキル。
武器の会心率がマイナスであれば、その分会心率が減少しますが、
0以上であれば抜刀攻撃が必ずクリティカルになるため、大幅な攻撃力の上昇が見込めます。
抜刀攻撃が主力である大剣向きのスキルで、他の武器ではわざわざ発動させるのは厳しいかも。

<砲術師=砲術>
ガンランスの砲撃、ボウガンの徹甲弾、船の設備の攻撃力が上がるスキルです。+15、+20まで上げることが可能。
ガンランス使いには必須とも言えるスキルですが、その他ではダレン・モーラン戦で使用するくらいでしょうか。
ネコの砲撃術とも重複します。

<覚醒=属性解放>
武器の中で属性表示が黒い文字で表示されている武器がありますが、
その属性を使えるようにするスキルです。
すでに属性がついている武器、黒い文字で表示されている属性がない武器に関しては全く効果がありません。
わざわざスキル発動が必要なだけあって、これで属性が追加された武器には
強力な性能となることが多い武器もあります。
他のスキル発動よりも優先するべきかと言われると微妙ですが、
場合によってはスキル選択の中に入れておくことも考えられるでしょう。

<見切り=達人>
武器の会心率を上げる効果があります。
+10で10%、+15で15%、+20で20%、+30で30%アップの効果があります。
+30まで行くとさすがにもう趣味の領域ですが、+15程度なら充分実用範囲内です。

会心率とは、武器がヒットした際に攻撃力が1.25倍になる確率で、
最終的には複雑な計算式が出てくるのですが、とりあえず会心が出ると
攻撃力が上がるということでいいでしょう。
これがマイナスだと攻撃をヒットさせた際に、0.75倍となってしまう確率となります。

このスキルでは武器のマイナス会心を打ち消す、プラス会心を底上げして
攻撃力を上げるという使い方になります。
マイナス会心さえ解消できれば優秀な攻撃力になる武器などもありますので、
使う武器によってはなるべくこのスキルを発動させておきたい物もあります。

<弱点特攻=痛撃>
攻撃するモンスターの肉質が柔らかい部分を攻撃すると、通常よりも威力が高くなるスキルです。
適確に弱点を狙う腕前が必要になりますが、それができるなら攻撃力が大きく上がることになるスキルです。
頭を狙う機会の多いハンマーや、自由に照準をつけられるガンナーなどの武器と相性がいいですが、
よほど腕に自信がなければ他のスキルを優先した方がいいかも。

<火事場力=底力>
体力が最大値の40%以下になった時、防御力と攻撃力が上がるスキル。
防御力が上がるとはいえ、充分に即死圏内の体力で発動するためリスクが非常に高いスキルです。

単純に体力が少ないために一回のミスでダウンしてしまう事の他、
火事場を維持するために生命の粉塵などで他のメンバーによる回復ができなくなるという欠点もあるため、
よほど腕に自信がなければ参加メンバーに迷惑をかけてしまうことが多く、
パーティプレイでの使用はオススメできません。
このスキルを発動させて攻撃を食らうことなく立ち回る事の出来る凄腕ハンターもいますが……。

発動させる際には回避性能アップなどと併用して、少しでもリスクが減らせるようにしましょう。
立ち回りに自信がある人向けのスキルです。

<集中=溜め短縮>
主に大剣、弓の溜め短縮に使用されますが、太刀のゲージ維持にも効果があります。
大剣ではちょっとした隙にも溜め攻撃を当てて行けるようになり、
弓では攻撃回数が大幅に増える他、溜め時間が減るためスタミナの管理も楽になります。
大剣、弓では溜め攻撃が火力の半分を占めるといっても過言ではないため、
上記の2種には非常に有用なスキルです。

<ボマー=爆弾強化>
各種爆弾の調合成功率が100%になり、威力が高くなります。
また、爆破属性の強さ(蓄積値・威力?)が上がります。
ダラ・アマデュラやダレン・モーラン戦など爆弾を多く使用する際にはつけておくといいでしょう。

<装填数アップ=装填数>
ガンナー用のスキルで、主に弓ガンナーが使用します。
弓は通常溜め3までしかないのですが、このスキルを発動させることで溜め4が解放される弓があります。
効果がない弓も多いため、それ以外ではほとんど使用することはないでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/88-36414b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。