本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・特徴
・基本操作
・立ち回り
・相性の良いスキル


MH4@wiki ランス強化派生表のページ
http://www49.atwiki.jp/3dsmh4/pages/25.html

公式webマニュアル ランスの操作
http://game.capcom.com/manual/MH4/ja/page-108.html

特徴
攻撃は回避することがメインの他の武器に比べ、ランスはガード性能が非常に高く、
攻撃を受け止めて反撃するように使います。
ランス系はガード中でも移動することが可能なため、安全な状態で移動することができます。
勿論、移動速度は遅いため一気に近づくことはできませんが、
いつ攻撃が飛んでくるかわからないような状況では、安全を確保しながら動けるのは大きいです。
そのため、範囲が広く通常では避けにくい攻撃を持つ相手でも、
ランスならガードでじわじわと攻めていけるため、回避が苦手な人でも使えるのが利点です。

主にそのガード性能を生かして敵に密着するように接近し、攻撃を受け止めながら
ガード突きなどで反撃していくことになります。
一発の攻撃力はそれほど高くないため、いかに敵に張り付いてチクチク突けるかが
ランスの火力を出すポイントとなります。

欠点は抜刀時の動きが遅く、咄嗟に距離を調節するためには
独特なステップを使いこなす必要があります。
ランスの抜刀時には回避がステップになり、通常の転がりよりも素早く他の行動へ繋げられますが、
その分距離が短く、好きな方向へ飛べない(必ずバックステップになるため)という点もあります。

納刀時のモーションも遅いため、アイテムを使いたい時には
ちゃんと敵との距離を考えないと回復薬さえ満足に使用できずキャンプ送り、ということも有り得ます。

また、プレイスタイルから敵に密着することが多く、慣れないうちは特定の部位を狙うのが難しいです。
攻撃の種類自体は多いため、慣れてくればきちんと使い分けることで特定部位を狙い撃ちできるのですが、
それまではとりあえず当たればいい反撃になりがちです。
そのため特定の部位が硬い敵だとそこに弾かれてしまった隙に攻撃を食らう、ということが起こりますので、
そのような相手にはきちんと攻撃方法を考えて挑む必要があります。

その他に、ガード性能を最大限発揮するために必要な防具のスキルがあるため、
他の武器よりもスキルへの依存度が高いことが挙げられます。
ガード性能+は最低限必要になってくることが多く、スキル選択の幅がない序盤から
ランス一本で行くのはなかなか厳しいでしょう。

こうして見ると欠点も多いようですが、敵の攻撃を安定してガードできるというのは大きな強みで、
ガード方向さえ間違えなければ大きな被害を受けることなく戦えます。
「使い方を覚えることと環境を整えるまでが大変だが、使いこなせれば非常に楽」という
ゲームに慣れてきた中級者向けの武器といえるでしょう。

基本操作
<抜刀攻撃、抜刀状態でX…中段突き>
正面へ向けてちょっとだけ前進しながら突きを出します。3回まで連続使用可能。

<抜刀状態でA…上段突き>

斜め上へ向けて突きを出します。こちらも正面へ向けてちょっとだけ前進します。

<中段突き、上段突きの後にX+A…薙ぎ払い>
正面を槍で薙ぎ払います。攻撃範囲は横に広めですが、終わった後に隙ができます。

<抜刀状態でR…ガード>
ランスの生命線である行動です。ランスはガードしながら移動し続けることができ、
その間はスタミナが回復していきます。
移動できる分、相手の攻撃に合わせてガードしやすいのですが、正面方向からの攻撃しか防げませんので、
きちんと攻撃を来る方向を向いてガードしましょう。

<抜刀状態でRを押しながらX…ガード突き>
ガード状態から素早く前方中段へ突きを出します。
モーションが早く、Rを押しっぱなしにしていれば攻撃後もすぐにガードできるため、
相手のちょっとした隙に突くことが可能です。
あまり火力はありませんが、手数を稼ぐためにもちまちま出していきましょう。

<ガード中、スライドパッドを入力しながらX…ガード移動>
ガード判定を出しながら前方へ2,3歩急速移動します。
安全に距離調整をしたい時に使います。

<ガード移動中にX…盾攻撃>
ガード移動で前進した後、盾で相手を殴ります。打撃属性有り。
突きに繋げることができるので、ガード移動で距離を詰めた後、即座に攻撃したい時に使いましょう。

<抜刀中にR+A…キャンセル突き>
正面に盾を構えてちょっと待った後に中段突きを出します。
盾を構えている間はガード判定が出ているので、攻撃へのカウンターとして使いますが、
ガード判定時間はあまり長くないので、タイミングを間違えると突きの途中で攻撃が飛んでくることになります。
こちらよりもカウンター突きの方が使いやすいです。

<ガード中(R長押し中)にA…カウンター突き>
正面に盾を構えて力を溜め、上段突きを出します。
力を溜めている最中はガード判定が出続け、力を溜め切るか、攻撃をガードした時点で突きを出します。
距離がある突進や予備動作が大きい攻撃など、来るタイミングがわかりやすい攻撃へのカウンターとして使います。

<ガード中にX+A…突進>
槍を正面に構えて走り出します。停止、フィニッシュ突き、相手に弾かれるのいずれかで止まり、
走っている間はスタミナを消耗し続けます。
突進を開始して2,3歩進むと体に赤いエフェクトが出て威力が上がります。

突進している間は攻撃判定が出続けるため、ダウンした相手などに使うと複数回ヒットすることがあります。
攻撃として使用するのは勿論、相手が移動したが納刀して追いかけるには微妙な距離…という場合に、
移動手段として使うのも有効です。
その場合には相手に当たる前か、ちょうどフィニッシュ突きが当たるような距離で止まるようにしましょう。

突進中にBボタンで停止、スライドパッドを前に入力しながらBボタンでジャンプすることができます。
ジャンプ自体は高く飛べるわけでもないので、段差がある所で合わせてジャンプする形で使用することになるでしょう。

注意点として、切れ味が黄色以下の状態だと問答無用で敵に弾かれます。
また、独自に突進耐性を持った敵もいるようですので、無闇に出すのはやめておきましょう。

<突進中にX…フィニッシュ突き>
突進を止めて突きを出します。威力が通常の突きよりも高めのため、
突進中のブレーキ代わりにこれを当てていけると火力アップに繋がります。
しかし、隙もそこそこあるので当てた後の反撃に注意。

<突進中にスライドパッドを後ろへ入力しながらX…振り向き攻撃>
突進を止め、後ろへ振り向きながら槍で薙ぎ払います。
突進の目測を誤り、目標を通り過ぎてしまった際などに使いましょう。
しかし、隙も大きいので大人しく停止して振り向いた方が安全な事もあります。

<抜刀中にBボタン…ステップ>
通常の転がる回避ではなく、ちょんと飛ぶようなステップになります。
3回まで連続で行うことができ、スライドパッドを後ろ方向へ入力しながらだと大ステップになります。
大ステップ後は他の行動に繋げられません。
スライドパッドを入力した方向ではなく、ハンターが向いている方向の後ろ側へバックステップする形になるため、
使いこなすには慣れが必要でしょう。

立ち回り
ランスの立ち回りは相手の攻撃をガードすることから始まります。
まず相手に近づき、抜刀攻撃を当てるor抜刀し、ガードできる状態で相手の攻撃を受け流した後の隙に
チクチクと突きをいれていくのが基本的なパターンです。

相手の大きさや狙う場所によって中段突き、上段突きを上手く使い分けていきましょう。
隙が少ないガード突きもガード後に即座に反撃できるという点では便利ですが、
威力が低いため、ガード突きだけに頼っていると倒すのに時間がかかる、もしくは倒し切れないということになりますので、
相手の隙が見えたら時折中段突きなども織り交ぜていきましょう。

相手が突進などで大きく距離を取ったら、大人しく納刀して追いかけるのが一番安全です。
中距離で納刀するには微妙な距離であれば、ガード移動でじわじわ近づくか、もう一度こっちに来るのを待ちましょう。
下手に突進で追いかけようとすると、慣れないうちは停止のタイミングが取れず
相手の攻撃を食らってしまいがちです。
突進は相手がダウンした時など、安全な場合にのみ使用していくと安定します。

操作になれてきたら、距離のある突進や大振りな攻撃などにはカウンター突きを合わせるようにすると
手数を増やすのに役立ちます。
ステップなども距離を調節するのに役立つので、上手く利用して敵に張り付き続けましょう。

また、ランスの飛び乗り攻撃に使用するジャンプ突きは非常に攻撃力が高いようです。
その後の乗り成功からのダウンも考えると、非常に有用な攻撃方法となりますので、
チャンスがあればできるだけ狙っていくと時間短縮に繋がります。

一発がそれほど大きくないランスでは、いかに敵に張り付いてチクチク突いていけるかが勝負です。
距離調節で適確に相手の弱点を狙い、安全にガードをするために相手の攻撃方向のコントロールが重要なため、
それができないようであればガンランスや他の武器を使った方が使いやすいでしょう。

相性の良いスキル
<ガード性能アップ>
攻撃をガードした時の仰け反り時間や、削りダメージを減少させてくれるスキル。
ガードメインのランスにとっては必須とも言えるスキルです。
できればこれの+2は常時発動させておきたい所です。

<ガード強化>
普段はガードできない攻撃もガードできるようになるスキルです。
相手によっては特にガードできないような攻撃がないこともあるため、
相手に合わせて発動させましょう。

<納刀術…納刀>
納刀動作が長いランスでは他の武器よりも気軽に納刀することができず、タイミングを見計らって納刀する必要があるため、
咄嗟に武器をしまいたい時に役立つスキルです。

<回避距離アップ、回避性能アップ>
ガードメインのランスには関係ないスキルに思えますが、
上級ランサーにはこのスキルでステップの無敵時間を増やし、相手の攻撃を華麗にステップでかわしつつ
敵に張り付き続けるという恐ろしい動きをするランサーもいます。
使いこなすには難しい以上の熟練の動きが必要になってきますが、
これを使いこなせれば非常にカッコイイプレイが可能になることでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/78-7f354d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。