本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・特徴
・基本操作
・立ち回り
・相性の良いスキル
・双属性武器について

MH4@wiki 双剣武器強化派生表
http://www49.atwiki.jp/3dsmh4/pages/21.html

・特徴
武器の中ではトップともいえる圧倒的な手数と、鬼人化中の素早い動きを生かして
相手に張り付いて戦う攻撃的な武器です。
抜刀時の移動スピードも悪くなく、抜刀していても回避や敵への接近に不自由することはありません。

手数が多いため属性武器との相性がかなり良いですが、
手数の多さから来る切れ味消費の激しさと、鬼人化中のスタミナ管理の難しさにより、
慣れれば大きなダメージを与えられる物の、使いこなすまでに
何度も場数を踏んで覚えることが多い武器でしょう。

最大の特徴である鬼人化は、鬼人化している最中はスタミナが常に減少していきますが、
攻撃力が上がり、回避がショートダッシュのような鬼人回避になります。
常時よろけ無効のスーパーアーマー状態にもなるため、
足元での張り付き時などに非常に便利です。
また、双剣最大の連続攻撃である乱舞は鬼人中にしか繰り出すことができません。

鬼人化中に攻撃を当てると切れ味ゲージ下のゲージが溜まり、
これが満タンになると鬼人強化という状態になります。
この状態になるとスーパーアーマーも切れ、乱舞も出せなくなりますが、
回避は鬼人回避のままで、攻撃も通常時よりちょっとだけ早くなっています。

欠点はリーチが短く弱点が狙いづらいことと、慣れないうちは
自分の手数の多さに酔っぱらってしまい、回避のタイミングを掴み損ねることが多いです。
特にスーパーアーマーがつく鬼人化中は多少の攻撃であれば無視して攻撃を続けることができるため、
気が付いたら体力が半分以下でスタミナもゼロ、というひどい状況になっていることまで起こり得ます。
また、切れ味の消費が非常に激しく、双剣を使うなら何らかの切れ味関連のスキルは
発動させておきたい所です。

双剣が最大の火力を発揮するにはスタミナを上手に管理しながら鬼人化を使いこなし、
ガリガリと消費する切れ味をフォローするという素の状態ではなかなか厳しい条件が必要なため、
スタミナ関連のスキルか切れ味関連のスキル、できれば両方のスキルを発動させておきたいです。

そのため、前作からの生粋の双剣使いというわけでもなければ、
素材が揃いだしてスキル選択に幅ができるようになってから使用した方が無難です。
スキルが無ければ戦えないというほどでもありませんが、
何もわからない状態から使いこなすには少々厳しい中級者向けの武器でしょう。

・基本操作
<抜刀攻撃、もしくは抜刀状態でX+A…斬り払い>
前方へ剣を突出しながら踏み込み、下へ剣を斬り払います。
前方へ移動しながらの攻撃のため当てやすく、ここからコンボに繋げるのが双剣の基本的な動きになります。

<抜刀状態でX→X→X…二段斬り→二段斬り返し→車輪斬り>
ボタンを連打しているだけで出る基本コンボ。
各動作と動作の間、もしくは終了後にAボタン系列のコンボへ繋げることも可能です。

<抜刀状態でA→A…二連斬り→回転斬り>
双剣の基本コンボその2です。単体で使うよりもXコンボの終了後、もしくは途中から
こちらのコンボへ繋げることが多いでしょう。

<抜刀状態でR、納刀状態でR+X+A…鬼人化>
剣を上に突き出すようなポーズを取り、体から赤いオーラが出るようになります。
鬼人中は常にスタミナゲージが減少していき、スタミナが無くなるか、
その時点で出している攻撃モーションの終了後に鬼人化が解除されます。
また、立ち状態でRを押すか、納刀することで解除することも可能。

動作が全体的に多少早くなり、回避もショートダッシュのような鬼人回避に変化します。
AボタンコンボもA→A→Aで回転斬りを一回追加することができるようになります。

攻撃中は鬼人ゲージが溜まるようになり、このゲージが溜まった後、
鬼人化を解除すると鬼人強化状態になります。

<鬼人化中にX+A…乱舞>
その場で連続攻撃を繰り出し、両方の剣を振り下ろす動作で締め。
素早く手数を出せる双剣の中でも最大威力の攻撃ですが、
いかんせんその場からほとんど動かないため、タイミングを計らないと上手く当てることは難しいです。
双剣の扱いになれないうちは使わない方がいいでしょう。
また、鬼人化中にいつものノリで斬り払いを出そうとしての暴発に注意。

<鬼人化中、鬼人強化中の鬼人回避中に段差へ突っ込む…空中回転乱舞>
空中で連続攻撃を繰り出します。見た目は非常にカッコイイのですが、
実用性があるかと言われるとちょっと微妙かも…。

・立ち回り
リーチの短さから、まずは脚などの設置している部分をちまちまと攻撃して
ダウンを取るのを目標にします。
慣れないうちは抜刀攻撃、及び立ち状態からのX+Aで出せる斬り払いで相手の懐へ飛び込み、
X→Xなどで攻撃した後、回避で逃げるのを繰り返します。
リーチの短さから、必然的に相手のすぐそばにまで接近することが必要となりますので、
相手の攻撃が来る前、早め早めの離脱を心がけましょう。
各動作に回避を受け付けないタイミングもあるため、適当にボタンを連打して攻撃するのは禁物です。

相手の動きが掴めて来たら、大きな隙にRボタンで鬼人化して攻撃して、
鬼人化ゲージを溜めましょう。
鬼人化中はスーパーアーマーが付くため、攻撃が妨害されることは少ないですが、
常にスタミナが減っていくので管理には注意。

上手く鬼人ゲージを溜めることができれば、鬼人化を解除しても
強化状態が続く鬼人強化状態になりますので、
なるべく敵に張り付いて攻撃を続けます。

その際もX→Xなどの基本コンボを使用し、隙が大きいならX→X→X→A→Aなど
通常の攻撃でいつでも離脱できるように攻撃した方が良いです。
鬼人化中に使える乱舞はクセが大きいため、適確なタイミングを見極めることができるようになるまで
使用は控えた方が安定して攻撃できると思います。

そうして攻撃を続け、時折鬼人化してゲージを溜め直し、
強化状態を維持し続けることができれば最高です。

どれだけ敵に張り付いて攻撃をし続けられるかが双剣使いの腕の見せ所ですが、
敵のモーションを予測し、鬼人ゲージを維持し続け、鬼人回避で無敵時間を生かしたフレーム回避を駆使する、
と上級双剣使いへ至るまでのハードルは高いです。
最低でも鬼人化とその利点を生かすことができなければ、
片手剣などの他の武器を使用した方が良いでしょう。

しかし、使いこなせれば圧倒的な手数で高い火力を叩き出せる浪漫溢れる武器でもあります。

・相性の良いスキル
<砥石使用高速化…研ぎ師>
使用頻度が高くなる砥石の使用が一瞬で終わるという、双剣では非常に有用なスキル。
戦闘中、ちょっと離れた隙に研ぎ直すということも可能になるため、
継戦能力と時間当たりの火力に大きな差が出ます。

<業物…切れ味>
手数が非常に多い双剣では切れ味の維持が大変なため、
研ぎ直しの回数を減らすためにもあると便利なスキル。

<ランナー…スタミナ>
鬼人化中のスタミナ減少量を減らしてくれるため、スタミナの管理が楽になり
鬼人化のチャンスも増やすことができます。

<回避性能アップ…回避性能>
敵に張り付いて少しでも手数を増やしたい双剣では、
鬼人回避の無敵時間が延びるこのスキルがあると一気に回避が楽になります。

<高級耳栓…聴覚保護>
敵の咆哮による怯みを無効にできるスキル。
単純に咆哮の怯み状態から攻撃を食らう可能性を無くせる他、
咆哮中は無防備な敵を一方的に攻撃できるという攻防両面で役立つスキル。

・双属性武器について
双剣では一つの武器に二つの属性が付与されている武器があります。
これは左右それぞれの剣に一つずつ属性が付与されている武器です。
単純に考えてもヒット数が半分となるため、属性攻撃力自体は単属性武器に劣りますが、
状態異常などが付与されている武器も多く、
弱点属性を突きながら麻痺なども一緒に狙えるという利点があります。

しかしその性質上、中途半端になってしまっている武器が多い印象で、
単属性に特化した武器の方が使いやすいのが現状です。
パーティープレイ時に状態異常ガンナーや状態異常片手剣などのプレイヤーがいれば、
それをアシストする形で使うくらいが有効な利用方法でしょうか。

実用面ではオススメしにくい双属性武器ですが、
MHでの武器選択は自由な物ですし、浪漫を求めて使ってみるのもいいかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/53-ad148e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。