本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事では接近武器を使う剣士とはちょっと違う、
遠距離武器を使うガンナー共通の特徴について解説します。

・ガンナー共通の特徴
・弾/ビン選択
・適正距離
・ボウガンのブレ・装填速度・反動について


ガンナーに共通する特徴
モンスターハンターで使える武器の内、
ライトボウガン、ヘヴィボウガン、弓の3種は遠距離から攻撃することができる武器で、
通称ガンナーと呼ばれています。

共通する特徴として、ガンナー専用の防具を装備する必要があり、
剣士に比べ防御力が半分程度しかないことが挙げられます。
ランクが上がるにつれて、この防御力の差が大きくなっていきますので、
剣士よりも回避には気を使う必要があります。

メリットとしては敵に近づかなくても攻撃できるため、
ちょっとした隙でも攻撃が可能で、ガンナー独自の攻撃チャンスを作ることができます。
普段であれば危なくて近寄れない尻尾の回転中や、爪での薙ぎ払い中などは
ガンナーにとっては良い的になるでしょう。

デメリットしては上記に挙げた防御力の低さの他、
それぞれの武器種で特殊な弾、ビンが必要になってくることです。

ボウガンでは通常弾LV1を無限に撃つことが可能ですが、
それだけでは火力が全くでないため、これで大型に挑むのは無謀といっていいレベルです。
弓はまだ使わなくても何とかなりはしますが、
ボウガンでは特殊弾の使用はもはや必須と言っていいでしょう。

ショップで買える弾も多いのですが、その分の費用がかさむため、
序盤のうちであれば弾代と消耗品で報酬が無くなったなんてことも。
高レベルの特殊弾が使いたいなら、採集で材料を集める必要もあり、
財布的にはあまり優しくない武器種です。

しかし、シビアな回避と適確にタイミングを計っての射撃による攻撃は
剣士とはまた別の楽しさがある武器です。
相手との相性によっては、ほぼ一方的に的にできることもあり、
剣士では苦戦する敵をあっさりと倒すこともできたりします。
余裕ができたら一度試してみてはいかがでしょうか。

共通の操作/弾・ビン選択
ガンナー武器ではそれぞれ特殊な弾やビンを使えることは記載しましたが、
それの選択方法は、Lボタンを押しながらXボタンかBボタンで選択します。

アイテムポーチ内のアイテムを選ぶ感覚と同じように選択できます。
ポーチが左右なら弾・ビンは上下での選択と思ってもらえれば大丈夫です。

ガンナーの適正距離
それぞれの武器種、使用する弾によっても正確な距離は違ってきますが、
ガンナーでは弾を使用する際の適正距離という物が存在します。

ボウガンの接近用の弾なら大体敵が歩いてきて2~3歩の距離、
通常の弾なら5~6歩の距離くらいを保つようにすると
最大限のダメージを与えることができるでしょう。

弓も同様にタイプによって適正距離が変わってきますが、
基本的にはボウガンよりも敵に近づく必要があります。
敵が遠距離用の攻撃(突進やブレスなど)を頻繁に使用してくる距離では遠いですが、
接近攻撃が当たるほど近づいてもダメで、
敵の接近用攻撃を後ろに下がれば簡単にかわせる程度の距離が適正です。
表現もあいまいで申し訳ないのですが、極めて感覚的な話なので説明がしづらいです……。
適正距離だとヒットエフェクトが派手になるため、
それを目安に数をこなして慣れるしかないと思います。

しかしながら、それを常に意識しつつ戦闘するのは難しく、逆に適正距離にこだわったばかりに
攻撃チャンスを逃してしまっては意味が無いので、そういったこともあるくらいに頭に入れておきましょう。
ひたすら超遠距離からの攻撃するだけのチキンプレイのようなことをしない限り、
自然と適正距離での戦闘になると思います。

ボウガンのブレ・装填速度・反動について
ライトとヘヴィのボウガン2種に共通して設定されている項目で、
それぞれ作成できるボウガン各種で項目の大きさが違ってきます。

ブレは発射してからどの方向に曲がるのか、どれだけ曲がりやすいかを表示しています。
ブレがないボウガンもありますが、ブレが左右に設定されている場合は、
弾を発射後、ある程度進んだ後急激にそちらへカーブするような弾道になります。
ブレの大きさがどれだけ進んだ後に曲がり出すかを表しており、
小だとある程度まではまっすぐ進みますが、大にもなるとほとんどスコープが
当てにならないくらい急激に曲がります。
それを利用して当てる凄腕ガンナーもいますが、基本的には大きいほど使いにくい武器ということになります。

装填速度はリロードの速さを決める項目で、ボウガン本体だけでなく、
各特殊弾に設定された値と合わせた物がリロードの速さになります。
これが遅いと非常に隙が大きくなるため、リロードにもかなりの危険が伴うことになります。
普通かやや遅い程度であれば、ある程度ボウガンの扱いに慣れれば使えると思いますが、
遅いの領域に入るとただのリロードが膨大な隙に化けるため、扱いには注意が必要になります。

反動は弾を発射した際の硬直時間を決める物で、これが少ないほど連射が効くボウガンになります。
各特殊弾にもこの反動値が設定されており、ボウガン本体と合わせた物が最終的な反動値になります。
通常弾LV2や属性弾くらいであればどのボウガンでも気にせず撃てますが、
貫通弾LV2や状態異常弾などになってくると、反動が大きな隙になるレベルです。
サイレンサーをつけることで多少は押さえることもできますが、
ボウガン本体の反動が大きい場合はどうしようもないので、これも注意が必要です。

各項目はよく見てから使用しないと痛い目を見ることになる重要項目ですが、
基本的にはあまり極端な設定はされていないボウガンの方が多いです。
属性弾をメインに運用する程度であれば、あまり気にせず使えることも多いので、
ボウガンを選ぶ際に頭に留めておく程度の認識でいいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/52-267e704d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。