本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・特徴
・攻撃方法
・対策


詳細データ
バサルモス(ゲームレシピ MH4攻略へのリンク)
MH4@wiki 詳細攻略のページ

特徴
グラビモスの幼体という設定のモンスターで、グラビモスと似通った特徴を持ちます。
樹海探索かギルドクエスト限定のモンスター。

最初は岩に擬態しており、地面に潜って背中だけを出した状態でフィールドに隠れています。
しかし良く見ると、というかよく見なくても不自然な位置に岩がぽつんと出現しているので
位置がモロバレという意味が無い擬態です。
グラビモスの幼体、チャームポイントの短い尻尾、隠れきれないお茶目さなどの要素から
一部のハンターの間では迅竜ニャルガクルガと双璧をなすマスコットとして愛されているとか。

全身の肉質が硬めのため、切れ味が悪い武器だと翼などに攻撃が弾かれてしまいますが、
腹の甲殻を破壊した後は一気に腹の肉質が柔らかくなります。

ブレスや火の塊を単発で飛ばしてきたりもしますが
全体的に動きが鈍く、ブレスも薙ぎ払いがないため
ガンナー相手だとただの的になるくらい楽に討伐できます。

<討伐前に準備する物>
毒ガス対策のために解毒薬は持っていった方が良いですが、
睡眠対策に元気ドリンコまでは必要ないと思います。
余裕があれば持っていく程度で充分です。

<破壊できる部位>
背中…飛び乗り攻撃成功で破壊可能。甲殻が欠けます。
腹…甲殻がごっそり剥げて中の肉が見えるようになります。肉質も柔らかくなり、腹が弱点となります。
尻尾…切断属性で切断可能。短いので他の部位への誤爆に注意。

攻撃方法
<突進>
一度力を溜めた後、こちらへ向けて突進してきます。
スピードが遅い分誘導性能が高いようで、下手に後ろに下がると誘導がかかって避けきれないことがあります。
予備動作を見たら納刀し、左右へ真っ直ぐ動くよりも斜め前にダッシュして
バサルモスの側面へ移動するようにして避けましょう。
決して斜め後ろに下がって距離を取ろうとしてはいけません。

<タックル>
体全体を使ってバサルモスの右側にタックルします。
判定が広めですが、予備動作を見たら急いで後ろへ距離を取ることで回避できます。

<横転>
その場から前回り受け身のように倒れ込んで転がり、ハンターを巻き込もうとしてきます。
体の大きいグラビモスよりはまだマシですが割と避けづらい攻撃です。
高レベルギルドクエストに出現する個体は、これを2連続で行うため
1回目が終わったからと油断していると2回目に巻き込まれたりします。

<尻尾振り回し>
後ろを向いて尻尾をその場で左右に振り回します。
尻尾が短いのであまり判定は大きくなく、正面側は無防備なので攻撃するチャンスにもなります。

<尻尾薙ぎ払い>
尻尾で周囲を薙ぎ払うように半回転、2回連続で行い一周します。
尻尾が短いので範囲は狭いですが、舐めていると意外なところで当たってしまうことも。

<ガス噴き出し>
その場で甲殻の隙間から周囲に白か紫の煙を噴き出します。
白が睡眠、紫が毒となっています。
剣士が腹を攻撃するために懐へ飛び込んでいると使ってくることが多く、
この攻撃を以下に回避できるかがポイントになります。
予備動作を見たらすぐさま腹下から離脱しましょう。
グラビモスと違い、背中を破壊した後でも範囲が変わりませんので注意。

<前進ガス噴き出し>
前進しながら黄色の火属性ガスを周囲にまき散らします。
一歩進んでガス噴出、また一歩進んでガス噴出を合計3回行い、3回目はガス噴出の時間が長めです。

<ボディプレス>
その場で少し浮いた後、体を叩きつけてきます。
予備動作が分かりやすいため回避はしやすいですが、腹下での攻撃に夢中になっていると
巻き込まれてしまうことがあります。

<単発ブレス>
火の塊をこちらへ向けて吐きだします。
射程距離が長いですが、左右に動いていれば簡単に避けられます。

<直線ブレス>
口からビーム状の火炎ブレスを正面に向けて吐きます。
正面にいなければ当たらず、動作が長いため攻撃のチャンスになります。
予備動作を見たら斜めから腹下へ飛び込むチャンスです。
また、一定確率でブレスを吐くのを失敗することがあります。

対策
樹海探索&ギルクエ限定ということで戦う機会は少ないですが、
グラビモスと戦う前に練習ということで動きに慣れておくのもいいかもしれません。

とりあえず狙うべきは腹の破壊なのですが、腹下に長居するとガス攻撃で追い返される他に
リーチが長い武器だと翼や背中に誤爆して弾かれることが多いのが厄介です。
片手剣や双剣などリーチが短いと誤爆の可能性も低く、
攻撃モーションが短いため咄嗟に離脱できることからこれらの武器がオススメですが、
どうしても愛用の武器で倒したいというなら、正面に軸を合わせて縦方向に狙うことで
翼に弾かれる可能性を減らすよう攻撃していきましょう。

腹さえ破壊できれば一気に攻撃が通りやすくなるので楽になりますが、
翼への攻撃誤爆にだけは注意しましょう。
飛び乗り攻撃は地形の問題から狙えないことが多いですが、
操虫棍を使用していれば背中を破壊した後、腹も飛び乗り攻撃で破壊できるので
積極的に狙っていくといいかもしれません。

また、ガス攻撃については予備動作が見えたらすかさず距離を取るくらいしか対応策がありません。
腹下で攻撃していても、バサルモスの隙が無くなったらすぐに離脱するようにしていきましょう。

ガンナーであれば突進を避けつつ水冷弾を撃ちこむだけの簡単なお仕事になります。
オトモがいれば更にターゲットを散らすことができるので、より攻撃チャンスも増えるでしょう。
正面に立たず、バサルモスがこちらを向いたら突進に備え、突進後の隙にまた弾を撃っていきます。
突進時にこちらをきちんと追尾してくる点には注意。
ガンナーだと距離が有る分避けにくいことが多いので、軌道をよく見て
危険そうなら緊急回避で避けましょう。
また、ブレスなどの予備動作が見えたら一方的に撃ちこむチャンスにもなりますが、
時々飛ばしてくる単発の炎の塊には注意しましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/127-a0b0dd57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。