本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・特徴
・攻撃方法
・対策


詳細データ
アカムトルム(ゲームレシピ MH4攻略へのリンク)
MH4@wiki 詳細攻略のページ

特徴
非常に大きな体とそれに見合ったパワーを持つモンスター。弱点は龍属性、次に雷属性。
攻撃力は高めで、剣士でも攻撃を食らうと一気に体力が減らされますが、
動きが鈍く予備動作がわかりやすいので、慣れると攻撃を避けるのに苦労はしません。
割とタフなので長期戦になりがちですが、
集会所☆7で戦うことになる高難度系モンスターの中では比較的戦いやすい部類に入るモンスターです。
ちなみにこれだけ大きな体なので飛び乗りは不可能かと思いきや、
ジャンプ攻撃を当てることで普通に飛び乗りが可能です。

普段は突進や噛みつき、尻尾での薙ぎ払いなどをメインに使ってきますが、
地面に潜り移動することで周囲にマグマを噴出させることも行います。
また、一度大きく距離を取った後、広範囲にソニックブラストを放ってきます。

戦場となる溶岩島では地底火山と同様、クーラードリンクが無いと体力が削られる他、
各所にダメージ床も多く設置されているため、ネコの長靴術や暑さ無効のスキルがあると
楽に戦うことができるでしょう。

<討伐前に準備する物>
暑さ対策のクーラードリンク、防御ダウン対策の忍耐の実、拘束対策のこやし玉は必須です。
またマップ内に1エリアしかない特殊フィールドでの戦闘のため、
モドリ玉を調合材料と一緒に持ち込むと何かと便利です。
ソニックブラストの準備動作を狙えるなら音爆弾もあるといいでしょう。

<破壊できる部位>
頭…2段階破壊で片方ずつ牙が折れます。

前脚…左右別判定で爪が折れます。2回怯ませることで破壊。

腹…穴が開いたような傷がつきます。破壊後は腹の肉質が軟化します。
   以前は打撃属性でないと破壊できませんでしたが、今作では恐らく属性関係無しに破壊可能です。
   (ガンナーの弾で破壊できたのを確認)

背中…棘が何本か折れます。何度か乗り攻撃成功させる他、ガンナーの貫通弾などで破壊可能。

尻尾…切断属性で切断可能。落ちた尻尾からは剥ぎ取り2回可能。
    下手にエリア端などで尻尾を攻撃すると、剥ぎ取り不可エリアに落ちることがあるので注意。

攻撃方法
<突進>
ハンターに向かって突進してきます。
スピードは遅いですが、その分追尾性能が高いためきちんと左右にダッシュしないと
追いつかれて当たることもあります。
完全に避けきるまで目を離さないように気を付けましょう。

突進終了後、倒れ込むパターン、ティガのように反転して再度突進を仕掛けてくるパターン、
終わり際に前方へ噛みつきを行うパターン、終わり際に振り向き牙振り上げを行うパターンの
4つがあります。
見分け方はありませんが、大体突進後はこちらが攻撃できない所まで行ってしまっているのが多いため
あまり終わり際の攻撃に当たることはないと思います。

<噛みつき>
首を動かして前方へ噛みつきます。
攻撃範囲が狭いので左右に居れば当たりません。

<牙振り上げ>

頭を持ち上げた後、足元から正面に向かって牙を振り上げるようにかち上げます。
怒り状態時にこれを食らうと防御ダウン状態になり拘束されてしまいます。
拘束も痛いのですが、防御ダウンがかなり厄介なので対策アイテムは持ち込んでおきましょう。

<振り向き牙振り上げ>
頭を持ち上げながら振り返り、右側後方の足元から牙を振り上げるようにしてかち上げます。
尻尾切断のために後方で攻撃しているとこの攻撃を食らってしまうことが多いです。
カメラの位置的に予備動作がわかりにくいこともあるため、
後ろにいる場合はアカムが動き出したらすぐに離れられるようにしておきましょう。

<回転攻撃>
後方を頭で薙ぎ払った後、その勢いのまま回転して前方を尻尾で薙ぎ払います。
尻尾の判定が非常に広く、スピードは遅いものの予備動作をきちんと見ていないと当たってしまいがちです。
終わり際の尻尾の動きにまで判定が残っているため、動作が終了するまでは近寄らない方が良いです。

<潜行>
地面をかきわけるようにして潜ります。その際に地面から出現するマグマに当たり判定があり、
当たると火属性やられになってしまいます。
潜った後はそのまま地面を移動し、出現先でも同様にマグマを噴き出しながら出てきます。
地面を移動する際、周囲の地面からマグマが噴き出します。
頭や前脚を攻撃していると最初の潜行に巻き込まれやすいです。
幸い、ダメージ自体は大きい物ではないので、潜行については当たってしまっても
しょうがないくらいの気持ちでいいと思います。

<のしかかり>
2本脚で立ち上がった後、前方を押しつぶすように体を叩きつけます。
叩きつけの際には周囲に振動が発生します。
予備動作がわかりやすいため、腹下で攻撃に夢中になってさえいなければ避けるのは簡単です。
ギリギリで避けると振動に巻き込まれるため、距離を取るのが安全です。

<尻尾薙ぎ払い>
左前脚を引いて構えた後、尻尾でアカム右側から正面にかけての範囲を薙ぎ払います。
慣れないと範囲の広さから回避しづらい攻撃ではありますが、
実は懐に飛び込む、移動する顔についていくように回避することで避けられます。
動作が遅いため攻撃のチャンスですので、これが来たら顔を狙うように攻撃していきましょう。

<咆哮>
2本脚で立ち上がった大きく咆哮します。同時に周囲でマグマが噴き出します。
近くにいると吹き飛ばされてダメージ、それよりも離れていると咆哮効果で動きを止められます。
咆哮で動きを止められている場所に運悪くマグマが噴き出すこともありますので、
避ける時は余裕を持って距離を取りましょう。

<ソニックブラスト>
両足を踏ん張り、正面に衝撃波のブレスを吐きだします。射程は長く、恐らく画面端まで届きます。
その場で正面に向かって撃つパターンと、潜行して一気にエリア端まで移動した後に
正面へ撃つ、首を巡らせて薙ぎ払うパターンがあります。

正面に撃つ場合はアカムの側面まで移動してしまえば攻撃チャンスにもなりますが、
潜行後に薙ぎ払う場合は範囲が広いため、移動が間に合わないことがあります。
潜行して一気に距離を取った場合はブレスがほぼ確定で来ますので、
急いで納刀してダッシュで側面に回れるように動きましょう。

もし間に合わない場合は素直にタイミングを合わせて緊急回避するか、
動作を見た時点でモドリ玉でキャンプへ退避しましょう。

また、このソニックブラストの準備動作中に音爆弾を投げつけると大きく体勢を崩し、落し物をします。
(通常時のみ、怒り状態の時は効果無し)
大きな攻撃チャンスにもなりますので、慣れてきたら狙ってみるといいかもしれません。

<威嚇>
正面に向かって軽く吠えます。正面側に居ればただの攻撃チャンスなのですが、
後ろで動いている尻尾に当たり判定が発生します。ダメージ自体は大きくないですが、
攻撃チャンスを逃してしまうというため注意。

対策
基本は正面側で少し距離を取ってうろついて攻撃を誘い、
攻撃モーションが終わった隙に飛び込んで頭や前脚を狙っていきます。
アカムは尻尾を使った攻撃の範囲が広く、体が大きいため
後ろに回ると攻撃の予備動作がわかりづらくなることから、後方にいる方が危険なモンスターです。
怖がらずアカムの右斜め前辺り(こちらから見て左側)をうろつくのがいいでしょう。

早めに乗り攻撃を成功させるなどでチャンスを作り、尻尾に攻撃を集中させて切断してしまうと
尻尾が短くなり一気に回避が楽になります。できるなら狙っていくといいでしょう。

腹は破壊すると肉質が軟化して弱点になりますが、腹を破壊するために懐に潜り込むことで
攻撃を回避しづらくなるのが欠点。
特にリーチが短い武器は腹の真下まで行く必要があり、カメラが巨体に占領されて
何が何だかわからなくなることが多いです。
そこまでして狙わなくても顔や前脚など、攻撃しやすい部分を攻撃しているだけで充分ですので
無理に腹の破壊は狙わない方が安定すると思います。

怒り状態では牙振り上げに防御ダウンの追加効果が発生します。
元々の攻撃力が割と高いため、攻撃が避けやすいとはいえ
防御ダウン状態で一発もらうと一気に体力が削られてしまいます。
厄介な状態なのですぐに忍耐の種で治療するようにしましょう。

ソニックブラストについては予備動作がわかりやすいため、
潜行して一気に距離を取られたら即納刀して追いかけましょう。
下手にその場で回復などをしていると薙ぎ払いに巻き込まれることがあります。
緊急回避で避けられればいいですが、側面に回るのが無理と判断した場合は
モドリ玉でキャンプへ退避するのが安全です。

ちなみにキャンプから戻る際に、運が悪いとソニックブラストを重ねられて
いきなり大ダメージを食らうハメになることがあります。
それを防止するために、キャンプへ戻る前にペイントしておくと
アカムの位置がわかるため多少は危険が減らせます。

慣れてくると動きの遅さから簡単に倒すことができるようになります。
多少体力が多めですが他の古龍等に比べて危険も少なく、達成報酬金も多いです。
素材が不要ならそれを売ることも考えると、資金が少なくなった時の稼ぎモンスターとして優秀です。
通称アカム銀行と呼ばれる行為ですが、資金が厳しいハンターは
アカム狩りを繰り返してみてはいかがでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
ソニックブレスではなくソニックブラストです。
また振り向きながら噛みつき→尻尾でバチコーン…という攻撃があります。当たる位置が悪いと、噛みつきで転んで起きた瞬間バツーン…となります。剣士でもほぼ即死。。
ちなみに怒り状態だと噛みつきで防御が下がり、そこで尻尾で(略)と無慈悲極まりないオーバーキル…
ちなみに怒り状態だとソニックブラストの時の音爆弾が効かなくなります。
2013/11/01(金) 23:42 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ソニックブレスではなくソニックブラストです。
> また振り向きながら噛みつき→尻尾でバチコーン…という攻撃があります。当たる位置が悪いと、噛みつきで転んで起きた瞬間バツーン…となります。剣士でもほぼ即死。。
> ちなみに怒り状態だと噛みつきで防御が下がり、そこで尻尾で(略)と無慈悲極まりないオーバーキル…
> ちなみに怒り状態だとソニックブラストの時の音爆弾が効かなくなります。

コメント&情報提供ありがとうございます。
記事中の音爆弾の記載と、ブレスの項目をソニックブラストに訂正しました。
コメント頂いている無慈悲な攻撃は回転攻撃ですね。自分もあれには悩まされました。
特に回転後の尻尾振りの判定がちょうど起き上がりに重なるので、
HR60のクエストでは何度あれにやられたか……。
わかっていても避けづらいのが恐ろしいです。
2013/11/03(日) 16:50 | URL | ねうび #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/115-3bf816c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。