本当に1から始めるMH4初心者向けのブログ

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・特徴
・攻撃方法
・通常時にできること
・巻きつき時にできること
・対策


詳細データ
ダラ・アマデュラ(ゲームレシピ MH4攻略へのリンク)
MH4@wiki 詳細攻略のページ

特徴
戦場となるフィールド、天剣山全体を覆うほどの巨大な龍で
あまりに大きいためか、ターゲットカメラも頭と尻尾の2カ所に設定できるくらいです。
その巨体から繰り出される攻撃は威力、範囲共に高く対策を知らないと回避は難しいです。
弱点は龍属性。

また、戦闘中にダラ・アマデュラが咆哮した後などは
エリア中に隕石が降り注ぎ、こちらの攻撃の邪魔をしてきます。
隕石を避けながらダラ・アマデュラ本体の攻撃にも注意して立ち回る必要があるため、
攻撃が非常に困難な状態となります。

胴体の胸部分からは高熱を発することがあり、青いオーラのような物が出ている間は
接近しているだけで熱ダメージにより体力を削られていきます。
赤ゲージこそ残るものの、ダメージが溜まってきた所に隕石で奇襲されると
体力を一気に持っていかれることも少なくないです。
スキル暑さ無効を発動していると熱ダメージも無効できます。

<討伐前に準備する物>
ブレス回避や体力が減った時のためなどにモドリ玉を調合材料含め持ち込みましょう。
支給品で爆弾が8つもらえるので、起爆用に小タル爆弾を持ち込んでおくと便利です。
また、一発のダメージが大きいのでモスジャーキーがあると
地味に回復薬の節約になったりします。

<破壊できる部位>
頭…2段階破壊。1段階目を破壊した時点で、巻きつき状態で登れる崖から頭の上に飛び乗れます。
   頭の上では2回剥ぎ取りが可能です。

爪…左右別判定。黒い部分が欠けたようになります。腕部分に攻撃が吸われやすいので注意。

胸…胴体の腹側で鱗が密集して生えている場所を壊せます。2段階破壊。

背中のヒレ…巻きつき状態で行き止まりまで登った先の右側に生えているヒレを破壊できます。
        巻きつき状態で攻撃する他に、ダラ・アマデュラが移動中に無理矢理攻撃も可能。

尻尾…頭とは逆方向で飛び出している尻尾を破壊できます。
    破壊は巻きつき時限定のようで、それ以外の状態ではダメージを与えても破壊できません。
    破壊できる状態までダメージを与えておき、巻きつき時に攻撃するとすぐに破壊できます。
    落ちた尻尾の欠片から剥ぎ取り1回。
 
攻撃方法 
<噛みつき>
首を伸ばして地面を抉りながらこちらに噛みついてきます。
胸や爪を攻撃していると噛みつきの攻撃範囲に入るため、
爪の位置が移動したり頭の動きが見えたらすぐにその場を離れるようにしましょう。
左右へ動けば回避できますが、隕石で吹っ飛んだところに起き上がりに重ねられてキャンプ送りという
凶悪な連携があります。

画面外へ一度消えた後、2段階加速でこちらへ噛みついてくるパターンもあります。
一度画面外へ消えた後、どこから来るのか予測しづらいため、
いつでも緊急回避できるように準備はしておきましょう。

<球形ブレス>
口から大きな球形のブレスを吐きます。着弾地点で爆発し拡散します。
着弾地点での拡散範囲が広く、ブレス自体を避けてもその後に拡散に巻き込まれることが多いです。
こちらも予備動作があり、慣れると音でブレスを判別できるようになります。

<腕薙ぎ払い>
腕を使って胸前の空間を薙ぎ払います。こちらも範囲が広く、胸狙いなどの時には危険な攻撃です。
急いで頭の近くまで逃げるように移動するか、余裕があれば近くの高台などに登ると回避できます。

<のしかかり>
主に胸前にいる時にに使用してきます。一度体を浮かせた後、胸で押しつぶすように体を地面に叩きつけます。
範囲が胸のある高台ほぼ全てに及ぶため、攻撃に夢中になっているとまず回避できない攻撃です。
予備動作を見極め、不穏な動きをしたらすぐにその場を離れましょう。

<尻尾叩きつけ>
尻尾を尻尾正面に向かって叩きつけます。
薙ぎ払いと違って左右に動くだけで避けられ、終わった後は反撃のチャンスにもなります。

<尻尾薙ぎ払い>
尻尾を攻撃している際に使用。尻尾をカラカラと鳴らした後、
大きく尻尾を動かして周囲の地面を薙ぎ払います。
予備動作がわかりやすいので、カラカラと尻尾が鳴ったら
すぐに攻撃していた場所と同じ高さの地面から逃げましょう。
ガードできる武器であれば、ガードしてしまうのも手です。
範囲内から逃げられなくても尻尾の動きに合わせてダイブで緊急回避することで避けられることがあります。
終わった後は尻尾が動かなくなるので攻撃のチャンスです。

<直線ブレス>
一度画面外に消えた後、直線状のブレスを口から正面に吐き、首を巡らせてエリアを薙ぎ払います。
ダラ・アマデュラ一番の大技で、非常にダメージが大きい攻撃です。
回避方法は、まずダラ・アマデュラが画面外に消えたらマップ北側へ走り、
正面に吐くブレスをかわした後、方向転換して南側から移動してくるブレスへ向かいながら
タイミングを合わせて緊急回避で避けることができます。

2回連続で行ってくるのが特徴で、一度避けたからと油断していると
2回目のブレスに当たりやすいので注意しましょう。

2回目は1回目と逆側に出てきますが、回避方法は同様で
1回目のブレスを緊急回避をした後にすぐさまマップ南側へ走り、
正面のブレスを避けたら北側へ向かって緊急回避、という流れで避けられます。

2回連続でブレスを行った後、画面外からの噛みつきで締めとなります。
噛みつきはマップ南側が安全地帯で、噛みつき後に頭がその場で動かなくなるので大技を叩き込むチャンスです。

もし緊急回避のタイミングがよくわからないようであれば、
画面外へダラ・アマデュラが消えた時点でモドリ玉でキャンプへ脱出してしまいましょう。
噛みつき後に反撃するのは難しくなりますが、それよりもダメージを受けない方が大事です。

<隕石>
咆哮後やダラ・アマデュラの移動時に多く見られる行動で、
空から隕石がハンターを狙って降ってきます。
落ちる場所は白い光が収束していくのでわかりやすいですが、落ちる時の攻撃判定が広いため
攻撃モーションに合わせて降ってこられると回避できないことが多く、
ダラ・アマデュラの攻撃の中でも一番厄介な攻撃です。

後半戦になるとこの隕石が降った後、その場に少し残ることがあり
ピッケルで採掘することができます。
ここからしか凶星の破片という素材が手に入らないため、挑戦する価値はありますが
周りでは常に隕石が降り注ぎ、ダラ・アマデュラ本体も攻撃を仕掛けてくる中での採掘となりますので
一発食らっても死なないよう体力だけは注意しておきましょう。

<放熱>
胸から青いオーラのような物を出し、近づくと熱ダメージで体力が削れます。
スキル暑さ無効でダメージを無くすことができます。

<痺れ舌>
顔からチロチロと時折出している舌に当たると麻痺状態になります。
通常は顔の位置が高いため、滅多に当たることはないので意識しなくても大丈夫ですが、
無理矢理ジャンプ攻撃を当てようとしたり、巻きつき状態で体に飛び乗る際に
運が悪いと偶然近くに来た顔から出ている舌に当たったりすることがあります。

通常時にできること
北東エリア、南西エリアのどちらかに胴体を見せ、逆側に尻尾が見えている状態です。
この状態で狙える部分は胸、爪、尻尾となります。

このうち胸は肉質が硬く、怒り状態になると熱ダメージも発生するので厄介です。
爪は割と狙いやすいですが、腕に攻撃が当たると弾かれるので
きっちりと黒い爪部分を狙うように注意しましょう。
また、爪が移動した場合は攻撃の予備動作になっていることが多いのですぐにその場を離れましょう。

尻尾部分はゆらゆらと動くためリーチが短い武器だと攻撃を当てにくいのですが、
あまり攻撃が来ないため比較的安全です。
尻尾自体の攻撃もカラカラと音を鳴らす予備動作がわかりやすいため、
通常時ではこちらを攻撃することをオススメします。

巻きつき時にできること
山に巻きついて体に矢印が表示されている状態だと、ダラ・アマデュラの体の上に飛び乗ることができます。
体の途中から崖に飛び移ることも可能で、その崖を登りきると右側に爪があり、
頭を1段階破壊していると、左側の矢印が出ている部分から頭の上へ飛び乗ることができます。

体の一番上まで登り切ると、右側にヒレがありそこの根本は肉質が柔らかいです。
ここを攻撃することでヒレを破壊できますが、攻撃して怯ませると体から振り落とされて
キャンプまで戻されます。

体の上に乗った時には巨龍爆弾を好きな場所に仕掛けることができるので、
肉質が硬い胸部分の近くに仕掛けるか、頭の破壊に使うために
飛び乗った後に仕掛けるなどの方法があります。

頭に飛び乗る際は崖の途中から壁を伝って頭の近くへ接近するか、
崖を登り切って飛び降りるかのどちらかになります。
個人的には登り切ってしまった方が飛び乗りやすいと思います。
飛び乗る際は、慌てずに頭が崖の真下に来るまで待ちましょう。
ブレスや咆哮などをした後は必ず頭が真下に来るので、それを待ってから飛び乗ると確実です。

巻きつき時の優先行動としては
頭飛び乗り>ヒレ破壊>崖の上の爪攻撃の順番でしょうか。
また、巻きつき時にのみ尻尾破壊ができるので、そちらも忘れずに破壊しておきたい所です。

対策
体が大きく頭や尻尾がどこにあるのかがわかりづらく、
画面外に消えてからの強力な攻撃を行ってくることもあるため、
戦闘前にターゲットカメラ機能を下パネルにセットしておくことを推奨します。
また、エリアにはいったらマップを拡大しておくと状況がわかりやすいでしょう。

支給品には巨龍爆弾と支給品専用爆弾がたっぷりと入っていますので有効活用させてもらいましょう。
クエスト開始直後にいきなり戦闘に入るため忘れがちですが、
できれば最初の巻きつきが始まる前には一度キャンプに戻って支給品を回収しておきたい所です。
支給品爆弾はできるだけ温存しておき、最後の発狂モードに入ったら一気にこれで爆殺してしまうと楽です。

北東エリア、南西エリアに姿を見せている通常時では、
胸や爪を狙うよりも尻尾を狙って攻撃していた方が安全です。
胸付近では薙ぎ払いや噛みつきが飛んでくる他、隕石も頻繁に落ちて来るため
攻撃が非常に困難です。胸からの放熱による熱ダメージがあることもあり、
尻尾付近の方が安全に攻撃することができます。
また、ジャンプ攻撃を各所に当てることで大ダウンを取ることができます。
頭に大技を叩き込むチャンスですので、できれば積極的に狙っていきましょう。

尻尾を攻撃している時は、尻尾本体の攻撃と隕石の回避が主な注意点となります。
特に隕石は攻撃モーションが長いと回避できないこともあるので、
咆哮後などは特に注意しておきましょう。

また、南西エリアに本体がいる(北東側に尻尾がある)場合は、
本体からブレスや噛みつきが飛んでくることもあります。
そちらで攻撃を行う際は、本体にターゲットカメラを設定しておいて、
すぐに行動を確認できるようにしておくと、不意をつかれるのを減らせるでしょう。

巻きつき時は巨龍爆弾をさっさと仕掛けてしまい、使い終わったら
ヒレの攻撃や頭への飛び乗りを目標とします。
それまでに尻尾を多く攻撃しているのであれば、尻尾の破壊も忘れないようにしましょう。
体の上に乗ってしまえば攻撃されることはなくなるため、安全に攻撃ができます。
攻撃に専念できるチャンスですので、巻きつき時にはなるべく体の上に乗るか
途中で崖へ移動して爪を攻撃しましょう。

ダメージを与えていくと北東エリアが破壊され、巻きつきと南西エリアのみの出現となります。
北東エリアが破壊されたことで尻尾への攻撃が巻きつき時のみとなるため、
この前にできるだけ尻尾にはダメージを与えておきましょう。

この段階から危険な胸前での戦闘を強制されるため、
ここから一気に爆弾を使用してダメージを稼いでいきましょう。
巻きつき時には登って爪などを攻撃し、通常時には爆弾で攻撃するパターンです。
サブターゲットを破壊していれば更に爆弾も追加されるので、
どんどん使っていくのをオススメします。

しかし、爆弾を仕掛けた後に隕石が降ってきて誘爆→起き上がりに噛みつきのコンボで
一発ダウンも有り得るので、それは事故と割り切って頑張りましょう。
この状態から更にダメージを与えていくことで山への巻きつきもほとんどしなくなり、
隕石が降り注ぐ中、必死に本体へダメージを与えていくことになります。

ここからは正直運が大きく絡んでくるため、
できるだけ隕石を避けられるよう祈りながら爪を攻撃していきましょう。
胸は肉質が硬い上に熱ダメージも受けるので狙わない方が無難です。
右爪(こちらから見て胸の左側)が比較的攻撃しやすいと思います。
攻撃の予備動作で下に爪を降ろした時はジャンプ攻撃も狙いやすく、
噛みつきなどの攻撃も左爪を狙っている時よりは避けやすいと思います。

無事倒すことができれば、頭と胴体部分でそれぞれ4回ずつ剥ぎ取りができます。
しかし時間的にかなりギリギリのため、効率よく移動しないと8回フルに剥ぎ取るのは厳しいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mh4rookie.blog.fc2.com/tb.php/111-e5d561aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。